Policy基本方針

HOME > 基本方針 > 品質方針について

品質方針について

 当社は、「基本理念」、「企業行動基準」に基づく「経営目標」の達成のために品質方針を定め、品質の向上に努めるとともに、全社員が一丸となり顧客満足度向上を目指し、お客様に安心・満足していただける品質の良い製品及びサービスを提供します。

 当社は更なる品質レベルの向上を目的とし、平成25年3月にQMS(品質マネジメントシステム)の国際標準規格 ISO 9001(JIS Q 9001)の認証を取得しました。

認証登録番号 FS 592348 (ISO 9001:2015)
認証登録範囲 本社における業務情報システムの開発・保守及び運用
初回認証登録日 2013年4月9日

 今後も以下の品質方針に基づき、顧客満足度の向上に努めてまいります。

2019年7月1日
株式会社 IJC
代表取締役社長 垣谷 光慶

当社は信頼性とサービスの向上をモットーに地方自治体を始め、地域の企業等のお客様に情報処理サービスを提供しており、当社に託された情報の機密を高い水準で保持し、かつ安定的に品質の高いシステムの開発及び保守・運用サービスを提供することが当社の最大の責務であると認識している。特に公共分野における受託業務ではお客様を通して県あるいは市町村の住民の生活に影響の及ぶものであり、品質確保の維持に関して社会に対する重大な責任があることをすべての従業員が認識しなければならない。

これらの当社に課せられた責任を果たし、お客様の真のパートナーとなるために、品質のマネジメントシステムを確立し、対象者全員が品質のポリシーに基づいて業務に取り組まなければならない。また、我々経営陣は必要な資源を用意し、実施状況をレビューし、継続的に改善に取り組むこととし、以下の方針を定める。

品質方針

お客様が安心できるために、作業品質・事務品質・業務品質・ICT技術品質・ビジネス品質に加え人間性の品質を向上し、お客様が満足できる技術・サービスを適正なコストで提供することを目的に、品質マネジメントシステムを構築・運用し、実用性を追究する。